LINEをビジネス利用する2つの方法と基本機能やメリットを解説

LINEは、個人のコミュニケーションツールとしてだけでなく、ビジネスシーンでも強力なツールとして利用されています。ビジネス利用におけるLINEの活用法は大きく分けて2つあります。それは、LINE WORKSとLINE法人向けソリューションです。それぞれの特徴と利点を詳しく見ていきましょう。

1. LINEをビジネス利用する2つの方法

1-1. LINE WORKS

LINE WORKSは、ビジネス向けに最適化されたコミュニケーションツールです。LINEと同様の使いやすいインターフェースを持ちながら、ビジネス向けの機能が多数搭載されています。例えば、グループチャット、スケジュール管理、タスク管理、ファイル共有など、チームの効率的なコミュニケーションとコラボレーションを支援します。これにより、社内の情報共有がスムーズに行われ、業務効率が向上します。

1-2. LINE法人向けソリューション

LINE法人向けソリューションは、LINE公式アカウントやLINE広告を活用して、顧客とのコミュニケーションを強化するためのツールです。LINE公式アカウントを通じて、企業は直接ユーザーにアプローチでき、キャンペーン情報やクーポンの配信、チャットでのサポートなどを行うことができます。また、LINE広告を利用することで、ターゲット層に対して効果的な広告配信が可能です。

2. LINE公式アカウントをビジネス利用する5つのメリット

2-1. 利用者数が多く顧客にアプローチしやすい

LINEは国内外で数億人以上のユーザーが利用しており、その多くが日常的にLINEを使用しています。これにより、LINE公式アカウントを利用することで、多くの潜在顧客に直接アプローチすることができます。

2-2. 集客や販促につながる機能が備わっている

LINE公式アカウントには、クーポンの配信、ショップカードの提供、リッチメニューの表示など、集客や販促に役立つ機能が豊富に揃っています。これらの機能を活用することで、顧客の関心を引き、購買意欲を高めることができます。

2-3. メールのように埋もれることなく開封率が高い

LINEのメッセージは、メールのように埋もれることなく、ユーザーの目に留まりやすいです。通知機能やチャット形式のメッセージ配信により、開封率が高く、情報が確実に伝わります。

2-4. 常に顧客とコミュニケーションが取れる状態を作れる

LINE公式アカウントを通じて、顧客とリアルタイムでコミュニケーションを取ることができます。チャット機能を利用すれば、顧客からの問い合わせに迅速に対応でき、顧客満足度を高めることができます。

2-5. 無料プランがあるため費用をかけなくてもスタートできる

LINE公式アカウントには、無料プランが用意されており、初期費用をかけずにビジネス利用を開始することができます。これにより、コストを抑えながらも効果的なマーケティング活動が可能です。

3. LINE公式アカウントのビジネス利用が向いているケース

3-1. できるだけ多くの顧客にアプローチしたい場合

LINE公式アカウントを利用することで、広範囲の顧客に対して効果的にアプローチすることができます。特に、大規模なキャンペーンやプロモーションを実施する際に有効です。

3-2. 再購入や再来店など次の行動につなげたい場合

クーポンの配信やショップカードの提供を通じて、顧客の再購入や再来店を促進することができます。これにより、顧客のリピート率を高めることができます。

3-3. 顧客とのつながりを強化したい場合

チャット機能やタイムラインへの投稿を通じて、顧客とのつながりを強化し、長期的な関係を築くことができます。これにより、顧客のロイヤルティを向上させることができます。

3-4. コストを抑えながらサービスや商品のPRをしたい場合

無料プランを利用することで、コストを抑えながら効果的なPR活動が可能です。初期投資を抑えつつ、LINEの多機能なプラットフォームを活用できます。

4. LINE公式アカウントをビジネス利用するときの注意点

4-1. LINEを利用していない人にはアプローチできない

LINE公式アカウントを利用する際には、LINEユーザー以外にアプローチすることができません。そのため、ターゲットユーザーがLINEを利用しているかどうかを事前に確認する必要があります。

4-2. メッセージ数に応じてコストがかかる

LINE公式アカウントでは、送信するメッセージ数に応じてコストが発生します。大量のメッセージを送信する場合は、コスト管理が重要です。

4-3. セキュリティ対策が必要

LINE公式アカウントを利用する際には、セキュリティ対策が重要です。顧客情報の取り扱いや、不正アクセス対策など、適切なセキュリティ対策を講じることが求められます。

5. LINE公式アカウントを利用するとできる8つのこと

5-1. メッセージ送信

LINE公式アカウントを通じて、顧客に対して直接メッセージを送信できます。これにより、キャンペーン情報や重要なお知らせを迅速に伝えることができます。

5-2. LINE上でのチャット対応

LINE公式アカウントのチャット機能を利用することで、顧客からの問い合わせにリアルタイムで対応できます。これにより、顧客満足度を向上させることができます。

5-3. タイムラインへの投稿

タイムライン機能を利用して、フォロワーに対して定期的に情報を発信できます。これにより、企業の最新情報やイベント告知を効果的に伝えることができます。

5-4. LINEコール

LINE公式アカウントを通じて、LINEコール機能を利用することができます。これにより、顧客との音声通話が可能となり、より密なコミュニケーションが図れます。

5-5. ショップカード利用

LINE公式アカウントのショップカード機能を利用して、顧客に対してポイントカードの提供ができます。これにより、リピート顧客の獲得を促進できます。

5-6. クーポンの送付

クーポン機能を利用して、顧客に対して割引クーポンを送付することができます。これにより、顧客の購買意欲を高めることができます。

5-7. リッチメニューの表示

リッチメニューを利用して、顧客に対して直感的に操作できるメニューを提供できます。これにより、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

5-8. 利用顧客の分析

LINE公式アカウントの分析機能を利用して、顧客の行動データを収集・分析することができます。これにより、マーケティング施策の効果を最大化することが可能です。

6. ビジネス利用で差をつける!認定パートナーを活用したLINEビジネスの拡張

6-1. LINE法人向けサービスの認定パートナーとは

LINE法人向けサービスの認定パートナーとは、LINEの各種サービスを専門的に取り扱う企業や団体のことを指します。これらのパートナーは、LINEの技術やノウハウを熟知しており、ビジネス導入をサポートします。

6-2. 認定パートナーにビジネス導入を依頼する3つのメリット

6-2-1. LINEのサービスに精通している

認定パートナーは、LINEの各種サービスに精通しており、最適な導入・運用方法を提案してくれます。これにより、企業は効果的にLINEを活用することができます。

6-2-2. すでに豊富な実績がある

認定パートナーは、すでに多くの企業に対してLINEの導入支援を行っており、豊富な実績を持っています。これにより、信頼性の高いサポートを受けることができます。

6-2-3. 課題や目的に合わせて機能拡張ができる

認定パートナーは、企業の課題や目的に応じて、LINEの機能を拡張することができます。これにより、企業のニーズに最適なソリューションを提供できます。

7. LINE公式アカウントを有効活用している4つの事例

7-1. 九州産業大学キャリア支援センターLINE公式アカウント

九州産業大学キャリア支援センターは、LINE公式アカウントを活用して、学生に対するキャリア支援情報を効果的に提供しています。これにより、学生の就職活動をサポートし、大学のブランド価値を向上させています。

7-2. ドモホルンリンクルLINE公式アカウント

ドモホルンリンクルは、LINE公式アカウントを通じて、顧客に対して商品の情報やキャンペーン情報を提供しています。これにより、顧客との関係を強化し、購買意欲を高めています。

7-3. 淡路市LINE公式アカウント

淡路市は、LINE公式アカウントを活用して、市民に対する情報提供を行っています。これにより、市民とのコミュニケーションを強化し、行政サービスの向上を図っています。

7-4. ENOTECA(エノテカ)LINE公式アカウント

ENOTECAは、LINE公式アカウントを通じて、ワインに関する情報やイベント告知を行っています。これにより、顧客の関心を引き、購買意欲を高めています。

まとめ

LINEをビジネスに利用することで、多くの利点があります。特に、LINE公式アカウントを活用することで、広範囲の顧客にアプローチし、効果的なマーケティング活動を展開することが可能です。LINE WORKSやLINE法人向けソリューションを併用することで、社内外のコミュニケーションを強化し、業務効率を向上させることができます。LINEのビジネス利用を検討する際には、認定パートナーの活用や成功事例の参考にすることで、より効果的な導入と運用が期待できます。